落としてしまった際のリスクを考えてiphone7にケースをつける

case.MANIA

大事なiPhone7を守る為に出来ること~ケースを利用する理由~

iphone7を落としたときのリスクを考える

iphone7は、まだまだ最新機種です。落下による画面の破損のリスクは大きいと言えます。Apple社の保証サービスに加入していれば、わずかな負担額で修理できますが、中古など保証対象外の場合は1万円以上の負担を強いられます。破損と金銭的負担による精神的ショックは大きいため、iPhoneケースの装着は重要であることを認識しましょう。簡易的なケースでも十分に破損を防ぐことが可能です。

落としてしまった際のリスクを考えてiphone7にケースをつける

ケース

破損を防ぐにはやっぱり専用ケース

iphoneの破損を防ぐためにケースの重要性を説明しましたが、サイズが合わなければ「iphoneの本体を守るための機能」が十分に引き出せない現状があります。もちろん、うまく装着できない、ケースが壊れてしまった、ケースから大事なiphoneが脱落してしまったというような不具合が生じます。
iphoneを購入したら、その機種に応じた専用ケースを購入することが大事です。今使っているケースがもったいないという理由から使い回しを検討することもありますが、微妙に大きさが異なるためうまく使えないことに気づくはずです。カメラやマイクの位置も機種ごとに変わりますので、ケースを付けたまま各機能が使えないというデメリットもありますので、必ず専用ケースの準備をおすすめします。

ICカードが収納できるタイプも便利

iphoneでは一部の電子マネーアプリが対応していません。多くの方がiphoneをかざして支払いを済ませている事を考えると、コンビニでの支払いにわざわざICカードをお財布から出すという行為が面倒に思えることもあります。
一部の手帳型スマホケースには、ICカードを収納できるホルダーが付いている物があります。これを利用することによってケースをかざすだけでICカードが反応し支払いを済ませてくれるので便利です。未成年ユーザーは交通系などに多いクレジットカード連動型のICカードアプリに加入できない縛りがあります。モバイルアプリが利用できない場合でも、ケースにICカードをセットしておけば「加入できないジレンマ」を解消することができるかもしれませんね。

広告募集中