中古iphoneを購入する際には保証期間やSIMカードをチェック!

case.MANIA

中古iphoneをゲットしよう~購入時に気をつたいポイント~

中古iphoneを購入する際には保証期間やSIMカードをチェック!

携帯電話

中古iphoneを購入するときに気をつけたいこととは

中古iphoneを購入する時は、在庫があるから購入するのではなく本体を確認してから購入しましょう。「アクティベーションロック」が初期化されているか、「赤ロム」のリスクはないか、わずかな期間でもappleまたは、販売店による保証期間が付いているかを確認しましょう。特にオークションサイトなどの個人間取引によって購入した中古iphoneの場合は注意が必要です。

保証期間を設けているお店で買おう

やはり中古品になると、購入後のバグなど、中古販売店が確認できない部分での不具合が見つかることもあります。こういった小さな不具合にも早急に対応してもらえるよう、保証期間を設けているお店で購入することをおすすめします。修理にわずかな費用がかかっても、保証期間があることで安心して使い続けることができます。

SIMカードのサイズは必ず確認

simフリーが主流となりましたが、手持ちのsimカードと中古で購入したiphoneのsimカードケースの規格が合わないことが考えられます。キャリアのショップでは、simカードのサイズ変更を引き受けてくれますが、手数料がかかる他、書き換えに時間がかかります。その上、新しいsimカードが届くまで回線停止措置が講じられます。こうしたマイナス面を回避するために、simのサイズは重要視しましょう。

中古でiphoneを買ってよかったことベスト3

no.1

操作がシンプルで使いやすい

iphoneは、フリックやタップといった基本的な使い方が分かればの話になりますが、 とにかく操作がシンプルで使いやすいというメリットがあります。アプリありきの機能は無く、初めてのiphoneでもフィーリングで使いこなすことができます。Siriを用いた音声検索等も的確な回答が届きます。

no.2

回りが使っているから仲間意識が芽生える

iphoneはバージョンが違っても基本的な操作はすべて一緒です。だから中古の型落ち機種でも誰かが操作を教えてくれるメリットがあります。また、周りのみんなが使っているので、IOSユーザーである仲間意識が芽生えることも多いようです。

no.3

ケース等のアクセサリがたくさんある

数年前の製品となると「型落ち」となり店頭から対応スマホアクセサリが消えてしまうことが一般的です。iphoneの場合、ほとんどの機種が「現行機種」という位置付けです。数年前にヒットしたiphone5cなどのケース類の取扱いもありますので、中古品でも新品並みのおしゃれが楽しめます。

最新機種をお手頃価格でGET

最新iphoneをお手頃価格でgetしたい場合には、中古・白ロムを狙うことをおすすめします。発売直後でも早くも白ロムが発売されていることがあります。正規品であることを確認して購入すると言った確認は必要ですが、新品を購入するよりは安く手に入れることができます。

広告募集中